So-net無料ブログ作成
検索選択

Jesse Kanda [Concert 2017]

DSCF9709.jpg


2017年6月1日 19:30
京都 Metro




仕事を終えて会場へ。夕食の時間を入れるとやはり1時間半の移動時間では足りない。到着したのは19:40ごろ。幸いにもイベントはまだ始まっていない。ホール内にはKanda氏の作品をプリントした布があちこちに掛けられ、入口近くのスペースと舞台には動画が映写されている。

会場内に彫刻を持ち込むのかと思っていたけれど違った。なるほど、氏の作品はそもそも彫刻ではなく全てCGなのか。8時を過ぎて舞台に人影が。手を合わせて深くお辞儀をすると般若心経を唱え始めた。これで終わりかと思ったらさらに3つほどの読経が続く。少々飽きてしまった。

つづいて神楽鈴の様なモノを鳴らしながら巫女ルックの人物が舞台へ。井原季子さん。手に取った楽器は笙だ。ヒーターで暖めている。この気温と湿度でもその必要があるらしい。低い声の歌声も良い。スマホのシャッター音がうるさいご婦人がKanda氏本人にたしなめられる(でも止めない)。後方ではデカイ声で話をするカップルもいる。ちょっとリスペクトが足りないのでは?

続いてDoon Kanda名義でのDJプレイ。水音などを用いたオーガニックなアンビエント・ノイズで始まる。徐々にビート感が高まってきたが、音楽的にはそれほど自分の興味を惹かない。あの不気味な生命感を持ったビジュアルとはずいぶん雰囲気が異なる。明日の仕事も朝から忙しいので、早めに退出することにした。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。